3月7日開催の債権者集会の内容

先日お知らせしましたとおり、2018年3月7日に、MTGOXの債権者集会が開催されました(当日の配付資料は、下記の破産管財人のホームページで公開されています。)。

https://www.mtgox.com/img/pdf/20180307_report.pdf

1         破産管財人からの報告について

詳細は上記のホームページのとおりですが、特に注目すべき点は、2017年12月から2018年2月にかけて、約35,000BTC及び約35,000BCCの売却をおこない、400億円以上の金銭を確保したとのことです。

2         質疑応答について

複数の債権者より、是非、民事再生手続に移行して欲しいとの発言がありました。

質疑応答の概要は、以下のとおりです。

 

Q1  調査報告書に記載されている「全債権者(とくに金銭債権者)」とは誰を指しているのか、「破産手続においてすでに得られていると見込まれる利益」とは何か、「利益を確保する措置」とは何か。

A1   調査報告書は調査委員が作成しているものであり、内容については、回答できない。今後については、裁判所と協議して、検討する。

 

Q2  調査報告書に記載されている「利益を確保する措置」の具体的なプランは考えているか。破産管財人として民事再生手続の開始に向けて努力する意思はあるか。債権者として考えているプランを提案したい。

A2   「利益を確保する措置」については、裁判所と協議して検討する。調査委員の問題意識は理解した。債権者の提案は聞く準備はある。

 

Q3  「利益を確保する措置」の内容が決まったら、事前に債権者に説明する機会はあるか。大口債権者として意見はいえるか。

A3   方針が決まれば債権者に通知する。債権者の意見は聞くので、書面で送って欲しい。

 

Q4  BTC・BCCの売却時期はいつで、売却手法は何か。BTCとBCCの売却個数の差は何か。BTC消失経緯について米国司法省からの情報はあるか。

A4   2017年12月から2018年2月にかけて、仮想通貨交換業者を通じて、時価で売却した。売却個数の差は、売却をやめたタイミングの問題であり、何らかの意図があるわけではない。米国司法省からの情報は特段得られていない。

 

Q5 コインラボの査定の状況はどうか。役員責任の追及は誰を想定しているのか。

A5   コインラボについて、具体的な和解を検討しているわけではないが、今後の進行により、和解を検討する可能性はある。

役員責任の追及はカルプレスを想定していたが、既に破産しているため、責任追及の必要性はあまりないものと考えている。

 

Q6 十分なキャッシュがあるにもかかわらず、なぜ債権者に配当しないのか。

A6   キャッシュは、BTC等の売却により最近確保できた。配当については、BTC債権者の債権額評価の問題もあり、配当手続を進めることが、BTC債権者にとって望ましいかどうか難しい問題がある。

 

Q7  株主に残余財産が分配されることは正義に反するが、なぜ、破産管財人として民事再生手続を進めることをしないのか。

A7   従来の説明で誤解を与えたのであれば申し訳ない。民事再生手続に移行することに反対しているわけではない。調査委員の問題意識は理解するが、民事再生手続を開始するかどうかは、裁判所の判断である。

 

Q8 破産手続を進めるのが遅いのではないか。破産管財人の怠慢ではないか。

A8   BTC等の売却により、最近になり、400億円以上の金銭を確保した。配当については、BTC債権者の債権額評価の問題もあり、配当手続を進めることが、BTC債権者にとって望ましいかどうか難しい問題がある。

 

Q9  BTC等の売却は初めて聞いた。なぜ、BTCの市場価格が暴落しているタイミングで売却したのか。急いで売却しないといけない理由は何か。BTC等の売却は、調査委員の指摘している、「利益を確保する措置」の一環か。

A9   破産手続の当初より、どこかのタイミングでBTC等の売却を行うと伝えていた。売却時期については、裁判所と協議の上、決定した。債権者の中には、早期にBTC等の売却を行うべきであるとの意見もある。多額の金銭を確保できたことで、債権者の「利益を確保する措置」をとれる可能性が高まったと理解している。

以 上

Creditors Meeting on March 7

The Examiner has submitted The Examiner’s Report as of February 28, 2018, but there are some conditions to fulfilling the CR requirements. Although the specific content of these conditions is not clear, as it is necessary to satisfy these conditions, it will require some more time to reach a decision to commence the CR.

As MTGOX’s creditors meeting is scheduled to be held on March 7, 2018, we will attend the creditors meeting, and confirm the current status of the bankruptcy proceedings.  We plan to inform you, by posting an article reporting on the contents of the meeting.

3月7日開催の債権者集会について

2018年2月28日、調査委員による調査報告書が提出されましたが、調査結果は、本件は、条件付で再生手続開始決定の要件を満たしているとするものでした。その条件の具体的内容については明らかではありませんが、条件を満たす必要があることから、再生手続開始決定がなされるまでには一定の時間がかかると考えられます。

MTGOXの債権者集会は2018年3月7日に開催される予定になっていますので、当職らも債権者集会に出席して、現在の破産手続の状況について把握する所存です。集会の内容については、ご報告する記事をお知らせする予定です。

調査委員による調査報告書について

調査委員は、2018年2月28日、東京地方裁判所に対し、MTGOXの再生手続開始についての調査報告書を提出しました。調査報告書に記載された調査結果(結論)は次のとおりです。

「当職は、破産者株式会社MTGOXについて、民事再生法25条2号ないし4号に掲げる事由はないと思料する。ただし、この結論は、同破産者について係属する下記破産事件の破産手続において現時点までに組成された財団の規模に照らして、同破産事件において債権届出をした全債権者(とくに金銭債権たる破産債権を有する債権者各自)が当該破産手続においてすでに得ていると見込まれる利益を確保する措置が、再生手続開始決定前(破産手続中止前)になされていることを前提とする。」

なお、裁判所が再生手続を開始するか否かについてはまだ決定されておらず、今後、この調査報告書に基づいて判断することになります。もっとも、この調査報告書において、調査委員が条件付きであるとはいえ、MTGOXについて民事再生法25条2号ないし4号に掲げる事由(再生手続の棄却事由)がないと述べていることから、我々としては、裁判所が、MTGOXが自らの破産手続における破産債権者の利益を確保する措置をとることを条件に、再生手続の開始決定をすることを期待しています。当職らは、調査報告書に書かれた「破産債権者の利益を確保する措置」についての情報を有していませんが、情報を得次第、皆様にお伝えしたいと考えています。

The Examiner’s Report

The Examiner has submitted The Examiner’s Report to the Tokyo District Court, as of February 28, 2018. The conclusion of the report is as follows.

The Examiner considers that MTGOX does not fall under Article 25, Items 2 to 4 of the Civil Rehabilitation Act. However, this conclusion assumes that the following measures are taken before the decision to commence the rehabilitation proceedings (in other words, the discontinuation of the bankruptcy proceedings), that ensure the benefits of the bankruptcy creditors (especially those having monetary claims corresponding to bankruptcy claims) who filed proofs of claims in the bankruptcy proceedings of MTGOX.  Those benefits are the benefits already expected to be obtained in terms of the bankruptcy proceedings, considering the size of the bankruptcy estate formed up to the present time.

The court has not decided whether or not CR shall commence; however, pursuant to the report, we expect that the court will issue an order to commence CR, with the condition that Mt. Gox will take measures to ensure the benefits of the bankruptcy creditors. We do not have any information concerning the details of such measures, but we will inform you of it when we have received it.

Our Activities for the Commencement of Civil Rehabilitation Proceedings

February 28, the deadline of the examiner’s report, is approaching.

Since we filed for the commencement of civil rehabilitation proceedings on November 24, 2017, we proactively continues our activities to realize the commencement of civil rehabilitation proceedings and have had meetings with the Tokyo District Court, the bankruptcy trustee and the examiner appointed by the Tokyo District Court. We have been conveying our views and conducting research on some theoretical points and reporting the results to them in order to persuade them to commence civil rehabilitation proceedings.

We would like to explain the following theoretical issues that need to be settled in order to commence civil rehabilitation proceedings. Even though there is no precedent for these issues, we believe that we will be able to overcome them and that they will not be obstacles to commencing civil rehabilitation proceedings.

(1)        Conditions for the commencement of civil rehabilitation proceedings

Article 25 of the Civil Rehabilitation Act (the “Act”) provides the conditions for the commencement of civil rehabilitation proceedings. More concretely, Article 25 of the Act provides four cases where it is not appropriate to commence civil rehabilitation proceedings (items (i) to (iv)), and it provides that civil rehabilitation proceedings should be commenced unless any one of the items is applicable.

In this Mt. Gox case, the following two items could be issues that will need to be discussed:

(ii) Where bankruptcy proceedings or special liquidation proceedings are pending before the court, and enforcing either proceedings conforms to the common interests of creditors.

(iii) Where it is obvious that a proposed rehabilitation plan is unlikely to be prepared, approved or confirmed.

If our filing for the commencement of civil rehabilitation proceedings falls under either item (ii) or (iii), the court will dismiss our petition for the commencement of civil rehabilitation proceedings, and, consequently, civil rehabilitation proceedings will not be commenced. However, we believe that this Mt. Gox case does not fall under either item (ii) or (iii) and it is an appropriate case for civil rehabilitation proceedings as explained below.

(2)        Article 25 (ii) of the Civil Rehabilitation Act

Article 25(iii) of the Act provides that civil rehabilitation proceedings should not be commenced in the case where enforcing bankruptcy proceedings pending before the court conforms to the common interests of the creditors. Now, we need to discuss whether the pending bankruptcy proceedings “conform to the common interests of creditors” rather than civil rehabilitation proceedings.

Whether or not enforcement of certain proceedings “conform to the common interests of creditors” depends on whether or not they conform to the interests of the creditors as a whole, instead of individual creditors or a certain group of creditors, as the Act stipulates the “common interests.”

In the bankruptcy proceedings of Mt. Gox, the amount of the bankruptcy claims for the return of deposited bitcoin will be estimated at the time of the commencement of the bankruptcy proceedings, and the remaining assets after the final distribution to the bankruptcy creditors will be distributed to the shareholders of Mt. Gox. The amount of distribution to the shareholders could be, if it were provisionally calculated on the assumption that the bankruptcy trustee will sell the bitcoins at the market price just before our filing for the commencement of civil rehabilitation proceedings (916,762 yen/1 bitcoin on November 24, 2017), approximately 160 billion yen.  On the contrary, in the case where civil rehabilitation proceedings are commenced, this 160 billion yen will be distributed to the creditors of Mt. Gox, and the creditors as a whole will enjoy the financial benefit of 160 billion yen.  Judging from this outcome, it is obvious that the enforcement of civil rehabilitation proceedings conforms to the common interests of creditors and this Mt. Gox case does not fall under Article 25(ii) of the Act.

(3)        Article 25 (iii) of the Civil Rehabilitation Act

Article 25 (iii) of the Act provides that civil rehabilitation proceedings shall not be commenced in the case where it is “obvious” that a proposed rehabilitation plan is unlikely to be prepared or approved, or a rehabilitation plan is unlikely to be confirmed. With regard to the meaning of “obvious” in Article 25 (iii), it is commonly understood that it means a very exceptional and limited case where there is no room for doubt that a rehabilitation plan will not be prepared, approved or confirmed.

In this Mt. Gox case, the exact details of the civil rehabilitation plan will need to be determined in the future; however, at present, there are no circumstances that indicate that a proposed rehabilitation plan is unlikely to be prepared by the newly appointed trustee or approved in a creditors’ meeting, or a rehabilitation plan is unlikely to be confirmed by the court. Therefore, this Mt. Gox case does not fall under Article 25 (iii) of the Act, and civil rehabilitation proceedings should be commenced.

We have obtained a written opinion that supports our understanding above from a prominent academic in the field of insolvency law, and have already submitted it to the parties concerned.

We sincerely hope that the activities that we have been conducting are successful and that civil rehabilitation proceedings will be commenced in this case.

End

 

 

再生手続開始に向けての活動

調査委員による調査報告書の提出期限である2月28日が近付いてきています。

当職らは、昨年11月24日に民事再生手続開始の申立てを行って以降、破産管財人、調査委員及び裁判所と複数回面談し、当職らの意見を伝え、理論的な問題点について調査し情報を提供するなど、再生手続が開始されるための様々な準備活動を行ってきました。

こうした活動のなかで、当職らが現在把握している、再生手続開始にあたって問題となる論点について、以下説明します。いずれの論点も先例のない論点ではありますが、当職らとしては、いずれの論点も解決可能で、再生手続開始のための障害にはならないと考えています。

(1) 再生手続開始の条件

再生手続が開始されるための条件は、民事再生法25条に規定されています。

民事再生法25条は、再生手続の開始が相当でない4つの場面(1号から4号)を定め、この4つの場面に該当しない限りは、裁判所が再生手続を開始することを定めています。

本件では、この4つの場面のうち、以下の2つが問題となります。

  • 民事再生法25条2号:裁判所に破産手続又は特別清算手続が係属し、その手続によることが債権者の一般の利益に適合するとき
  • 民事再生法25条3号:再生計画案の作成若しくは可決の見込み又は再生計画の認可の見込みがないことが明らかであるとき

本件の再生手続開始の申立てが、上記の2号又は3号の場面に当たると判断されると、申立ては棄却され、再生手続は開始しないことになります。しかし、当職らは、以下のとおり、本件は上記の2号又は3号の場面のいずれにも当たらず、再生手続を開始すべき事案であると考えています。

(2) 民事再生法25条2号について

民事再生法25条2号は、再生手続よりも前に破産手続が係属している場合に、破産手続のほうが債権者の一般の利益に適合する場合は、再生手続は開始されないと規定しています。そこで、本件では、Mt.Goxについて、再生手続よりも現在係属している破産手続のほうが、「債権者の一般の利益に適合する」といえるかどうかが問題になります。

「債権者の一般の利益」とは、「一般の」とあるように、個々の債権者や特定のグループの債権者を対象とするのではなく、債権者全体にとって利益となるかどうかで判断されます。

本件の破産手続では、BTC引渡請求権が破産手続開始決定時における評価額で金銭化されてしまうため、破産債権者に配当を終えた後の残余財産がある場合は、その残余財産はMt.Goxの株主に分配されてしまいます。株主への分配額は、BTCの取引価格を再生手続開始申立ての直前(2016年11月21日時点)の916,762円/BTCとして仮に計算すると、約1600億円となります。これに対し、再生手続が開始されれば、この約1600億円は債権者に分配されることになるため、債権者全体として約1600億円の経済的利益が得られることになります。この結果からすれば、破産手続よりも再生手続のほうが債権者全体の利益に適合し、本件が民事再生法25条2号の場面に当たらないことは明らかです。

(3) 民事再生法25条3号について

民事再生法25条3号は、再生計画案の作成、その債権者集会における可決、裁判所による認可のいずれかについて、その見込みがないことが「明らか」な場合には、再生手続は開始されないと定めます。見込みがないことが「明らか」であるとして、3号に該当するレベルとしては、再生計画案の作成等の見込みがないことが、疑う余地もないほどはっきりとしている、極めて例外的な場合に限定されるべきと考えられています。

本件では、どのような内容の再生計画案が作成されるかは今後の課題ですが、現時点において、疑う余地もないほど明確に、再生計画案が作成できない、債権者集会での可決が得られない、裁判所からの認可が得られないと判断できる事情はありません。そうである以上、本件は民事再生法25条3号に該当せず、再生手続が開始されるべき案件であるといえます。

以上となりますが、当職らは、倒産法の分野で非常に高名な法学者から、当職らの意見を裏付ける意見書を取得し、既に関係者に提出しています。

これまでの活動が成功し、再生手続が開始されることを当職らは強く期待しています。